戌印-INUJIRUSHI- (Androidあれこれ)

Androidのプログラミングをメインにしてます。記事に貼られたソースコードはダブルクリックすることで行番号をはずしてコピーすることができます。

 
3
4
5
7
8
9
10
11
13
15
17
18
20
22
24
26
27
28
30
06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文字入力:EditText

EditText はレイアウト上に文字を入力するためのテキストボックスを表示するウィジェットです。

API Reference: EditText

■ 画面イメージ -----------------------------------------------
android_EditText.png

■ XMLで定義 --------------------------------------------------
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="match_parent">
<EditText android:id="@+id/editText1"
android:text="EditText"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content" />
</LinearLayout>


■ ソースコードで定義 -----------------------------------------
package jp.inujirushi.sample.activity;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.EditText;
import android.widget.LinearLayout;

public class EditTextActivity extends Activity {
/** アクティビティを生成した時に呼ばれます。 */
@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
// エディットテキストを生成する
EditText editText = new EditText(this);
// エディットテキストに文字列を設定する
editText.setText("EditText");
// レイアウトを生成する
LinearLayout layout = new LinearLayout(this);
// レイアウトにエディットテキストを追加する
layout.addView(editText);
// レイアウトを画面に設定する
setContentView(layout);
}
}

スポンサーサイト

文字列表示:TextView

TextView はレイアウト上に文字列を表示するウィジェットです。

API Reference: TextView

■ 画面イメージ -----------------------------------------------
android_TextView.png

■ XMLで定義 --------------------------------------------------
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="match_parent">
<TextView android:id="@+id/textView1"
android:text="TextView"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content" />
</LinearLayout>


■ ソースコードで定義 -----------------------------------------
package jp.inujirushi.sample.activity;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;
import android.widget.TextView;

public class TextViewActivity extends Activity {
/** アクティビティを生成した時に呼ばれます。 */
@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
// テキストビューを生成する
TextView textView = new TextView(this);
// テキストビューに文字列を設定する
textView.setText("TextView");
// レイアウトを生成する
LinearLayout layout = new LinearLayout(this);
// レイアウトにテキストビューを追加する
layout.addView(textView);
// レイアウトを画面に設定する
setContentView(layout);
}
}

ボタン表示:Button

Button はレイアウト上にボタンを表示するウィジェットです。

API Reference: Button

■ 画面イメージ -----------------------------------------------
android_Button.png

■ XMLで定義 --------------------------------------------------
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="match_parent">
<Button android:id="@+id/button1"
android:text="Button"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_width="wrap_content" />
</LinearLayout>


■ ソースコードで定義 -----------------------------------------
package jp.inujirushi.sample.activity;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.Button;
import android.widget.LinearLayout;

public class ButtonActivity extends Activity {
/** アクティビティを生成した時に呼ばれます。 */
@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
// ボタンを生成する
Button button = new Button(this);
// ボタンに文字列を設定する
button.setText("Button");
// レイアウトを生成する
LinearLayout layout = new LinearLayout(this);
// レイアウトにボタンを追加する
layout.addView(button);
// レイアウトを画面に設定する
setContentView(layout);
}
}

直線状レイアウト:LinearLayout

LinearLayout はボタンなどのウィジェットを縦、または、横に一直線に並べるためのレイアウトです。

API Reference: LinearLayout

■ 画面イメージ -----------------------------------------------
android_LinearLayout_HORIZONTAL.png android_LinearLayout_VERTICAL.png

android:orientation を指定することでウィジェットの配置方向を決めます。
横:HORIZONTAL, 縦:VERTICAL (未指定は横になります)

■ XMLで定義 --------------------------------------------------
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="match_parent">
<Button android:id="@+id/button1"
android:text="Button1"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content" />
<Button android:id="@+id/button2"
android:text="Button2"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content" />
<Button android:id="@+id/button3"
android:text="Button3"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content" />
</LinearLayout>


■ ソースコードで定義 -----------------------------------------
package jp.inujirushi.sample.activity;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.Button;
import android.widget.LinearLayout;
import android.widget.LinearLayout.LayoutParams;

public class LinearLayoutActivity extends Activity {
/** アクティビティを生成した時に呼ばれます。 */
@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);

// ライナーレイアウトを生成する
LinearLayout layout = new LinearLayout(this);
// ライナーレイアウトの並びを設定する (横:HORIZONTAL, 縦:VERTICAL)
layout.setOrientation(LinearLayout.VERTICAL);
// レイアウトを画面に設定する
setContentView(layout);

// レイアウトにボタンを追加する
for (int i = 1; i <= 3; i++) {
Button button = new Button(this);
button.setText("Button" + i);
button.setLayoutParams(new LayoutParams(
LayoutParams.WRAP_CONTENT,
LayoutParams.WRAP_CONTENT));
layout.addView(button);
}
}
}

Androidプロジェクト作成

いままでは環境構築でしたが、今回はついにプログラミング――のためのAndroidプロジェクトを作成します。
ついでに作成したプロジェクトを実行して、エミュレータにHelloWorldを出します。
(プログラミングのお勉強で必ず最初にやるアレです)

■ プロジェクト作成 ---------------------------------------------

Eclipseメニューの[ファイル(F) - プロジェクト(R)]を選択。

新規プロジェクト画面が立ち上がるので、[Android - Androidプロジェクト]を選択して[次へ(N)]ボタンを押します。

新規Androidプロジェクト画面が立ち上がるので必要項目を埋めて、[完了(F)]ボタンを押します。
テストプロジェクトを作成する場合は[次へ(N)]ボタンですが、今回は作らずに完了です。
新規プロジェクト1

プロジェクト名:
 英数字の任意の名前をつけます。

ビルド・ターゲット:
 Androidのバージョンを指定します。
 コーディングで使用できるクラスなどはここで指定したターゲットで変わります。

アプリケーション名:
 携帯端末に表示されるアプリケーションの名前をつけます。

パッケージ名:
 アプリケーションの名前空間です。
 Androidアプリはこのパッケージ名で管理されています。
 同一のパッケージ名のアプリは上書き保存されるので、かぶらない名前をつけてください。
 一般的には自分のサイトのドメイン名の逆順+アプリ名です。

アクティビティーの作成:
 アクティビティクラスの名前です。

SDKバージョン:
 起動に必要なAPIレベルを指定します。
 APIレベルはビルド・ターゲットの右端に表示されています。 


プロジェクトが作成されるとこんな感じで表示されます。
新規プロジェクト2


■ エミュレータで実行 ---------------------------------------------

Eclipseメニューの[実行(R) - 実行構成(N)]を選択します。

実行構成の画面が立ち上がるので[Androidアプリケーション]を右クリックして[新規(W)]を選択します。

Androidタブのプロジェクトから[参照]ボタンをクリックして、実行するプロジェクトを指定します。
(さっきつくったプロジェクトを指定してください)
新規プロジェクト3

タブをターゲットに切り替えて「Deployment Target Selection Mode」から「自動」を選択。
実行するAVD(エミュレータ)にチェックを入れて[実行(R)]ボタンを選択します。
AVDが無い方はエミュレータ設定の記事を追加してください。
新規プロジェクト4

エミュレータが起動して、「Hello World, HelloWorldActivity!」と出れば成功です。
新規プロジェクト5
プロフィール

とむ・やむくん

Author:とむ・やむくん
管理人について

Windows 7 / 64bit
Eclipse 4.2 Juno (日本語パッチ済)

スポンサーサイト
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter
2013/01/04 19:00 カウント開始

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。