戌印-INUJIRUSHI- (Androidあれこれ)

Androidのプログラミングをメインにしてます。記事に貼られたソースコードはダブルクリックすることで行番号をはずしてコピーすることができます。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FlashDevelopでのtrace出力

※当記事は2010年05月30日に書かれたものを移転に伴いサルベージしたものです

前回の記事『Flash開発環境構築』の通り設定して、いざコーディング!
と思い触ってみたところ、trace()関数が機能しないという問題が発生。

ググって見たところ、デフォルトの設定ではtrace内容が出力されないらしい。
以下の設定は、独学ActionScriptさんの記事を参考にさせていただきました。

【trace出力設定】
①FlashDevelopを起動します。
②キーボードのF10キーを押して[環境設定]ウィンドウを立ち上げます。
③プラグインのFlashViewerを選択し、「External Player Path」に解凍したFlex SDKのフォルダにあるFlashPlayerを指定します。
[Flex SDKフォルダ]\runtimes\player\win\FlashPlayer.exe
④「Movie Display Style」をExternal(デフォルト)を指定します。
⑤[環境設定]ウィンドウを閉じます。
⑥メニューの[プロジェクト(P)] - [プロジェクトの設定(P)...]を選択。
⑦プロジェクトをテストから、「ムービーの再生(FlashViewerの設定による)」(デフォルト)を指定します。
⑧以上の設定で、trace()関数によるパラメータは出力タブに表示されるようになります。

デフォルトで設定されているFlashPlayerにはデバッグ機能(trace出力機能)が無いのが原因らしい。
開発側としてはデバッグ有をデフォルトにしてほしいところ。
まあ、FlashDevelopとSDKは別物だから仕方ないか…。

次回こそはActionScriptに触れたいと思います。


■独学ActionScript
http://d.hatena.ne.jp/ActionScript/
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

とむ・やむくん

Author:とむ・やむくん
管理人について

Windows 7 / 64bit
Eclipse 4.2 Juno (日本語パッチ済)

スポンサーサイト
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter
2013/01/04 19:00 カウント開始

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。