戌印-INUJIRUSHI- (Androidあれこれ)

Androidのプログラミングをメインにしてます。記事に貼られたソースコードはダブルクリックすることで行番号をはずしてコピーすることができます。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FlashDevelopのコードアシスト機能

※当記事は2010年06月02日に書かれたものを移転に伴いサルベージしたものです
そのため、以下の内容は FlashDevelop 3.1.1 RTM 時点のものです。

現在ActionScriptの勉強中。
ActionScript入門Wiki@rsakaneさんを参考に頑張っています。

Java経験があるので、ActionScriptのお作法さえ覚えればすぐできるかなー、なんて安直に考えてましたが少し触って考えを一転。
描画の座標指定やらイベントの取り方やら思った以上に面倒くさい。
.NETならこの当たりはサクサクできたけど、流石にそこまで求めちゃいかんか…
JavaといってもWEBアプリばかりでアプレットとかほとんど経験無いというのもあるので、やはり当面勉強か…
コレは思ったより時間がかかりそうです。


さて、本題のFlashDevelopのコードアシスト機能について。

ソースコードエディタには必須といって良いコードアシスト機能。
「Ctrl + Space」といった入力補完があるものの、いまいち使い勝手が悪い。

eclipseと違って、クラスを宣言したときに自動でimportは追加してくれないようです。
代わりに、importの補完機能があり、クラス上で「Ctrl + Shift + 1」を押すだけでimportが追加されます。
なかなか便利な機能です(´ω`*)

ただ、コードアシストの入力候補一覧には、importされていないクラス名は表示されないのはちょっと残念。


他にも色々機能ありそうだけど、コレだけできればとりあえずは作れそうです。
といってもまだまだ勉強が必要…(-~-)


■ActionScript入門Wiki@rsakane
http://www40.atwiki.jp/spellbound/
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

とむ・やむくん

Author:とむ・やむくん
管理人について

Windows 7 / 64bit
Eclipse 4.2 Juno (日本語パッチ済)

スポンサーサイト
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter
2013/01/04 19:00 カウント開始

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。